手を拭う、だけじゃないTENUGUI

2017.08.13 update | cras blog

香川県代表【三本松高校】、初戦突破おめでとうございます。

夏の高校野球に世界陸上、ゴルフにとスポーツの夏ですね。

個人的には今日のボルト選手のラストラン。

まさかの展開でしたが、肉体と精神の限界を何度も越えてきたアスリートの本当の姿なのかなと感じました。

インタビューでやっていましたが、共に戦ってきた各国の選手たちが彼に憧れリスペクトし、若手の選手は彼のようになりたいと陸上選手を目指した。

まさにスーパーヒーロー。

本当にお疲れ様でした。

次はサッカー選手を目指す!なんて噂もあるそうですが、真相はいかに!?

ボルトトークが長くなりましたが、仕事の話にまいりましょう。

やはり現在はリサ・ラーソンの話になってしまうのですが、今回はイベント担当がプッシュしているコーナーにピックアップ。

そのコーナーとは、【ジャパンシリーズ】。

っん、前回にも同じことを書いたような…

それだけオススメということです。はい。

ジャパンシリーズに関しましては前回のブログをご覧ください。

今回、オススメするアイテムはこちら、てぬぐい!

s__MG_9056

京都で着物の反物を作られている工場で、手捺染(てなっせん)という方法で染めております。

捺染染めは1色ごとに型を作り、色糊をへらで刷り込むことによって、生地に1色づつ色を浸透させる製法。

その為、染料の浸透度合いを図る熟年の感が必要とされ、手捺染は注染に比べ色落ちしにくく細かな柄や多色使いのもの、デザイン性の高いものを表現できるのが特徴。

そこにリサのキャラクターが描かれているのだから、間違いなし(。-`ω-)

普段タオルは使っても、手拭いは使ったことがないとう方はぜひこの機会にご愛用ください。

とは言っても、手拭いってペラペラでタオルに比べると吸水性も低いし…っと思っている方も多いかと。

その通り、タオルの方が吸収性は高いです、ただ吸水性が高いかわりにフカフカで厚みのあるタオルは嵩張り、乾くのに時間がかかる。

そこでこの時期、夏のお出掛けのときにこそ手拭いのこの厚み、速乾性が大活躍。

現代は様々なものが進歩し便利な時代になりました、しかし先代が生み出した古きよきものもたくさんございます。

日本の古き良き文化を改めて現代の日本人に伝えようとする、スウェーデン生まれのリサ・ラーソン。

日本の文化に改めて触れてみる機会にいかがでしょう。

因みに手拭いはこんな使い方も出来ますよ。

s__MG_9053