フリンジへの想い

2017.09.13 update | cras blog

絨毯にはフリンジとよばれる、布の裁ち目などがほつれないようにくくったり、束ねて結び先端を散す装飾。 また、糸処理のテクニックが施されています。

大抵の絨毯は両端にフリンジが施されているのですが、GOSHIMA絨毯のあるデザインには、片側にしか施されていません。


何故か?

皆さんもご存知のように、日本には「上座」と「下座」というマナーがございます。

その昔、日本では上座と下座が分かるように、フリンジを片側にしか施さなかったそうです。

その素敵な文化を継承し、片側にしかフリンジを施していないというこだわりでした。

更に、フリンジへのこだわりは続き。

【日出る国・日本と日の沈む国と呼ばれるマグリブの大地・モロッコ。】
「日が昇り、毎日の営みがはじまり、また日が沈む。
その繰り返しで日々が進んでいくようにGOSHIMAも貴方の元で時を刻み、また、モロッコと日本を繋ぐプロジェクトも進んでいきます。」
というコンセプトのもと、デザインを決めたようです。

確かに写真を良く見ると、赤い半円と青い半円が交互に連なっています。

ただの絨毯という「物」ではなく、GOSHIMAは作り手の背景があり、想いがある。
そして、そこに実際にご愛用いただく方の意思を連ねる。

会場でも好評でした、このフリンジへの想い。※フリンジ以外にももちろんこだわり、想いはたくさんございます。

是非、実際に会場にてご体感ください。

s__MG_9480