永くお使いいただける家具

2018.03.13 update | works

こんにちはー

山下です|ω・)

 

オフィシャルHPやSNSでも告知しておりますが、

今年もやりますよ「リサ・ラーソンフェア」(●´ω`●)

去年のフェア終了時から再度開催希望のお声を多々頂きましたので

2018年5月に開催決定となりました(`・ω・´)ゞ

詳細は後日発表致しますのでお楽しみに~♪

 

 

さて、久々の納品事例です。

サボっていたわけではありませんよ(;´・ω・)

ではさっそくご紹介!

 

s_DSC_0013

 

見てください、この堂々とした風格のダイニングテーブルを(*‘ω‘ *)

節入りのナラ無垢材を使用しており、木の温かみや自然本来の風合いがダイレクトに伝わってきます。

合わせたダイニングチェアも同じ木材を使用、このチェアの最大の特徴はなんといってもあたりの柔らかさ。

座面、背もたれ、肘掛けなど身体が密着する部分のあたりがソフトにつくられています。

本当に木なのかと疑うほど高い技術でつくられています(´▽`*)

 

s_DSC_0014

 

こちらは2種の木材コンビネーションが美しいリビングテーブルです。

センターにテーブルランナーのようにウォールナットが入っており、メープルの優しい色合いとの

バランスが絶妙です。お部屋の雰囲気にもよくあってますね(*‘ω‘ *)

 

今回のお客様はご自宅のリフォームに伴い上記でご紹介した家具をお求め頂きました。

そのお話を伺っているとお部屋の一部はあえて変えていないそうで、それはこれまでご家族が集い、過ごしてきた場所を

思い出として残しておきたいというお客様の想いを感じました。

私はすごく素敵なことだと思います。

なにかと新しくすることはできても、そこで暮らした証というものは替えがききませんからね(‘ω’)

 

今回お納めした家具も味のある家具に育つよう末永くご愛用下さいませ(*´▽`*)