クラウドファンディング

2018.11.15 update | cras blog

今年も残すところ後、46日。

早い、早すぎるよ。

なんだかんだで平成も、あっと言う間に終わりを迎えるのでしょうね。

新しい年号は何なるのだろう…

そんな時代の変わり目、最近の私は今更ながらクラウドファンディングに興味をいだき、最近支援もデビューしました。

ご存知の方も多いかと思いますが、クラウドファンディングとは、「こういう事をしたい!こういう物を手掛けたい!」とプロジェクトをネット等で発表し、目標資金にむけ、資金を調達しプロジェクト達成を目指すという流れです。※細かく言えばこの他にもまだ様々な方法がございます。

で、私が最近気になっているのが、世界中のデザイナーさんや企業が手掛けたブロダクトを支援するといったタイプ。

ありそうでなかったアイデア、面白い発想の品々で見ているだけ楽しいです。

ただ、海外の方ばかりなのでサイト自体は日本語でも、その先のやりとりになると基本、英語(;゚Д゚)

英検5級すら持っていない、というか英検を受けたことすらないレベルの私には至難。

でもすごく気になる物があり、価格も手頃だったので思い切ってチャレンジしてみました。

支援までは日本語なので問題なし!

ただそこから、募集期間が終了し後日、その企業からメールがとどいたのですが当然、英語…

気にしなければスパムかと思ってスル―ですよ!

案の定、もう何を書いているのか分からない(。-`ω-)

ただ便利な世の中、その文面をコピーしてgoogleさんにペースト、これである程度は翻訳してくれるのでそれを手探りで何とかなるものですね。

何通かそういうメールのやり取りを経て、最近無事に商品が届きました。

以前、カメラ用の雲台をアメリカから取り寄せた際も、これと同じようなやり取りをしたので初めてではなかったのですが、やはり英語でのやり取りは不安で仕方ないですね|д゚)

そもそも郵便物が届いた際、関税を請求されるあたりが「海外」って感じがしますよね。その税がそこそこ高いから痛い…

国内であってもグローバルな大手企業だと、社内では英語で会話というとこもある時代。

学がないなりにもこうやって、外に目をむけこれからもチャレンジしていこうと改めて思った、平成残りわずかな今日この頃でした。

s_IMG_1949