百花万華 ニロアカス(青い空)

2019.05.18 update | cras blog,GOSHIMA,works

こんにちわ、チーフの溝渕です。

先日、お客様より素敵なお写真が届きました!

 

こちら ↓

IMG_0793

【百花万華/ニロアカス(青い空】

 

お母様が大切な息子様ご夫婦に贈られました。

 

 

【百花万華】

この絨毯は、美しく、愛おしく。。。

そして テーマと想いが込められています。

 

 

「ニロアカス/青い空」

深い青の世界にダイナミックに咲く花たち。

一つの房に実る果実のような、また、夜空に浮かぶ花火のような花を表現しています。

“美しさ”には、強さや優しさも秘めていて、

見る方向を変えると今まで気がつかなかった光に出会えます。

 

誰の人生も、またその周りの人々も、美しく豊かであるよう

願いが込められています。

 

お母様から息子様ご夫婦へ・・・

 

深い愛情とともに、これからのご夫婦の幸せを願う想いを

この【百花万華】という絨毯を通して、形として伝えていく。。。

 

O様、素敵なお写真をお送り頂き、ありがとうございました!

どうぞ末永くご愛用くださいませ。

 

無題

 

 

 

 

 

アートとは

2019.04.22 update | works

お陰様で平成最後の春ギャッベイベントも無事に閉幕いたしました。

ギャッベユーザー様はもちろん、はじめて見ましたという方もたくさんご来場いただき、本当にギャッベ人気を再認識した今回。

改めまして、ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

さて、本日の納品事例はもちろんアートギャッベです。

こちらのお客様も今回、初めてギャッベをご覧になられたという事でしたが、事前にyou tubeやTVなどでお勉強される熱心ぶり。

会場でアートギャッベをご覧になる姿も楽しそうに選ばれており、これもギャッベの魅力の一つだなとしみじみ感じながらご案内させていただきました。

ではどんなギャッベを選ばれ、どのようなお部屋になったかそれではご覧ください。

s_IMG_2405

リビングにはナチュラルベースにメダリオン(菱)のラインをラクダや鹿でデザインした、少し珍しいアートギャッベをお選びいただきました。

床材や家具がモダンで大人っぽい雰囲気でしたので、少し優しい印象のギャッベが良いバランスで空間を演出。

ここであまりにも可愛すぎるデザインだとアンバランスになりがちですが素敵なコーディネートです。

そして、玄関はリビングとはテイストを変え、茜色のギャッベをセレクトいただきました。

s_IMG_2407s_IMG_2411

【窓】の文様がデザインされたギャッベ。

【窓】の文様の意味は幸せを呼び込む、悪いものを追い払うという意味があり、玄関にピッタリです。

こちらはカワイイというより、情熱的な1枚で出掛ける際に元気になるアートギャッベです(`・ω・´)

そして、玄関の写真が2枚あり、アートギャッベの色味が若干異なっているのにお気付きでしょうか?

こちらは写真のムラではなく、実際にアートギャッベで起こる現象なのです。

織の向きとその反対と見る方向により、このように明かるくなったり落ち着いた色味なったりするのもアートギャッベの特徴です。

不思議ですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

このように絨毯で空間の印象をガラッと変えるアートギャッベ、ぜひ素敵なコーディネートを参考に皆様のお家もアートギャッベのある暮らし、いかがでしょうか。

今回のイベントは終了いたしましたが、crasでは常時50枚ほどのアートギャッベを展示しております。

ぜひ、店頭で実際にアートギャッベをご覧になってください。

 

 

カーテンも やっています。

2019.04.09 update | cras blog,works

溝渕です。

さくら  もう少し、たのしめそうです。

 

IMG_0479

 

二月にリビングダイニング兼用テーブルを納めさせていただきました、S様邸。

時間をおいて、カーテンの施工をさせて頂きました。

リビングルームには、少しシックな彩のカーテンを。

カーテンの上部には、少し存在感のあるレールボックスが色合いを引き締めています。

IMG_0471

 

別室の居間は、ポップな明るいカーテンを選んで頂きました。

 

IMG_0475

S様、お嬢様にも大変気に入って頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォールナットはカッコ良い

2019.04.08 update | cras blog,works

どこもかしこも桜・さくら・SAKURA‼

s_DSC_2743

4/7本日はまさにお花見日和。

そんな今回の納品事例はこちら(´っ・ω・)っ

s_IMG_2335

ウォールナット材で揃え、コーディネートしたリビング。

うーん、ウォールナットはやはり人気なのがうなずけるカッコよさですね。

ファブリックも落ち着いたカラーをセレクトされ、より大人な印象に。

s_IMG_2340

私が個人的に好きな光の演出。

TV後ろのスリットから差し込む太陽の光がとても素敵です(´▽`*)

s_IMG_2338

無垢のウォールナットは経年変化が特に楽しめる木材で、まさに「育てる家具」。

何年、何十年と大切に末永くご愛用くださいませ。

crasではアフターもしっかりサポートいたします。

何十年も使えるとは言え、やはり日頃のメンテナンスは大切です。

大切な家具、気に入った家具だからこそ愛情をもって、メンテナンスを行ってあげてください(。-`ω-)

そして、これってどうしたら良いの?と言う疑問があればすぐにご連絡ください。

専門のスタッフがサポートさせていただきます!

 

 

出会いは必然に

2019.03.29 update | carpet,works

当社のオフィシャルサイトをご覧いただいている方ならアレ(。´・ω・)?と感じるかもしれない本日の納品事例。

それではスタートです。

今回はもうすぐ開催のアートギャッベ展、そのギャッベをお届けに上がりました。

玄関の扉を開けると私たちを上品に出迎えてくれる金色のギャッベ。

s__MG_2814 s__MG_2817

そして、リビングには新緑が美しいパッチワークのギャッベが。

s__MG_2800 s__MG_2804

春の爽やかな風を感じるギャッベの組み合わせに仕事を忘れ、堪能しておりました(´-ω-`)。

草木で染めた羊毛に、手織りという自然と人の手で織りなすギャッベだからこそ感じることのできる景色、それはシンプルに物事を感じることの出来る子供やワンちゃん猫ちゃんにこそ、その真の魅力は伝わります。

なぜなら本能で動くから。

今回のお客様宅でもそうでした。

可愛いワンちゃんがギャッベの上を気持ちよさそうに走り、こんな表情を魅せてくれました。

ご主人様曰く「うちの子は初対面で好きか嫌いかはっきりしているから」とのことで、気に入っていただいたようで良かったです(´ー`)

この表情はそういう事で大丈夫だよね?

s__MG_2806 s__MG_2807

ぜひ、ご家族皆様でギャッベのある生活、楽しんでください。

さぁ、平成最後のギャッベ展まであと2週間ちょいです。

差し色はアートギャッベ

2019.03.22 update | works

3/21、今日は暖かい1日でした。

桜も開花しますよね、この暖かさなら。

配送中に街中の公園を通ったのですが、凄い親子の数Σ(・ω・ノ)ノ!

木曜日の祝日という事もあり、近くの公園へお出掛けされる方が多かったのでしょうね。

さて、前回のブログにも書いておりました春のアートギャッベ展ももうすぐ開催予定。

そこでアートギャッベのイメージ(サイズやカラー、デザイン)を実際のお宅に敷き込んで確認していただきました。

勿論、家具のお届けも一緒に。

今回、お求めいただいたのはソファとTVボード、ダイニング。

所謂、お家のメーン家具ですね。

s_IMG_2303 s_IMG_2300

お客様宅は間仕切りのないLDタイプですが、写真の様にリビングはナチュラルカラーの材でまとめ、ダイニングはウォールナットでまとめたコーディネートです。

空間が繋がっているとついつい同じ材や色味に揃えないといけない!という気になる方も多いかと思いますが、このようにリビングとダイニングでイメージを変えるのもオススメです。

白い壁、床はフローリングというお宅が多いかと思いますが、そこで家具でアクセントをつける。

今回はグリーンのアートギャッベを試しに敷いてみたいという事でイメージを見ていただきました。

やはりギャッベだけをお店で見た印象と実際にお部屋に敷いて見るとでは感じが異なります。

アートギャッベにご興味がある方は是非、店頭で実際にご覧ください。

分からないことがあればスタッフに色々、尋ねてください。

まずはアートギャッベの魅力をお伝えします、それでご納得いただければアートギャッベ展(総枚数およそ300枚)で運命の出会いをぜひ。

アートギャッベの話が長くなりましたが、今回の納品事例のようにLDであえてイメージを変えてみる。

ぜひ参考にしてください(´っ・ω・)っ

空間の活かし方

2019.02.26 update | works

春ですね春。

配達中、アウター着てたら大変なことになるくらい気温が暖かい!

過ごしやすい季節の到来です。

さて、そんな春の訪れを感じる本日の納品事例はこちら。

s_IMG_2240

人気のコンビ、ダイニングのベンチ&ソファタイプ。

ダイニングとソファを別々に置いてしまうとお部屋の空間を圧迫してしまう、そんな悩みを解決してくれる組わせです。

食事中はもちろん、食後もそのままTVを見ながら寛げる、老若男女問わず人気です。

今回のお客様は写真でも分かる様に、カウンターを設けて簡単な食事がとれるように間取りを設計されています。

こちらのパターンも最近人気の間取りですね。

家具をミニマルにすることで空間を活かす、これも最近のコーディネートのポイントなのかもしれません。

採光も考えられたお宅で日中は気持ちよく過ごせる空間になっていました。

シンプルですが参考にするポイントがたくさんある素敵な空間でした。

ぜひ、皆さんも参考にしてください。

北欧が好きな方にも

2019.02.09 update | works

東京では今年初の積雪という寒波からスタートの3連休。

当然ここ香川も寒い。

朝からガクガクブルブルでスタートです。

さて、写真のアングルバリエーションの無さに悩む納品事例のお時間です。

肉眼でみると、とっても素敵な空間ばかりなのに撮影者の腕のなさでイメージが伝わらない…

申し訳ございませんm(_ _)m

それでは今回の納品事例ご覧ください!

インテリアがお好きで家具に詳しいオシャレな奥様。

お宅にはスツール60やYチェアなどの名作が。

そんな素敵な空間に今回は飛騨のソファをお選びいただきました。

北欧家具のデザインに飛騨のデザインが合うのか?という声が聞こえてきそうですが。

これが良い感じにまとまりまして。(※プライバシーの為、ダイニングの風景はアップできません)

デザインは勿論ですが、やはりカラーバランスってとても重要だなと再確認させていただいたコーディネート。

お嬢様と奥様が店頭で悩み悩んでお選びいただいた木部とファブリックカラーがベストマッチ(`・ω・´)ゞ

見た目だけでなく、座り心地、つくりにもこだわっているのが飛騨家具。

座り心地はご主人様のお墨付き。

ご家族皆様のそれぞれのこだわりポイントにご納得いただいたこちらのソファ。

made in JAPAN

日本人が日本人の暮らし、体格を考慮してデザインしています。

お家の顏になる家具、拘ってみませんか。

s_IMG_2204 s_IMG_2205

お手本は身近に

2019.02.02 update | works

明後日は立春。

少しづつ春の訪れを感じているのは私だけでしょうか。

先日も配送にでていて、日中の陽気に眠気を誘われうとうと。

ありがたいことに新春の初売りからたくさんのお客様にご利用いただき、四国中はもちろん先日は愛知県に納品へお伺いさせていただきました。

※愛知県、私は行っておりませんのでイメージ写真はございません。

ここの納品事例のコーナーも拝見してくださる方が多く、店頭で「見てきました」という声も徐々に増えてきた印象です。

本当にありがとうございます。

それでは本日も早速、納品事例まいりましょう。

今回のお客様は少しづつ、家具を買い替えながらご自身のお好みに素敵な空間を完成させている方です。

よくお客様から尋ねられるのが「どう組み合わせたら良いかイメージが出来ない」という声。

確かに家中の家具を全て一気にコーディネートしようと思うと、各空間にコンセプトを設け、カラーバランスやサイズ、素材の組み合わせなど考えるだけ頭がプチパニック(´・ω・`)

なので、まずココにこれを是非置きたいという、お家の顏になる家具を選びます。

そして、それをまず使ってみてから「じゃあ、ここにこんな家具があれば良いのに」と思いだしたらcrasへgo!

お部屋にある家具のサイズ感や空間の有効スペースも実際に住んでいると分かります。

そこで弊社スタッフにイメージを共有、コーディネートのポイントをお伝えさせていただけます。

今回のお客様は淡い色のファブリックを基調に、ウォールナットをはじめダークブラウンの家具で統一。

s_IMG_2175s_IMG_2179 s_IMG_2176

前回も書きましたが、クッションなど面積の小さなところで色を差す。

またグリーン(植物)を置くことでぐっとオシャレになっています。

参考になるコーディネートですね!

雑誌に載っているオシャレすぎる空間、見ていると憧れますが我が家もそうですが実際に生活するとなると、あぁはなかなかならない。

日本だと冬は炬燵を使用するご家庭も多いでしょうし、ソファで横になったりグダ~っとしたい!という方も多いはず!

そんな自分らしい生活の中で、無理せずどうこだわりのオシャレな空間を演出するか。

雑誌はあくまでイメージの参考、ぜひリアルなオシャレ空間をここ納品事例で参考にしてください。

新しい家具は気持ちが良い

2018.12.27 update | works

明日の夜、雪が降ると予報されている香川県。

その日は仕事納めの方も多いかと思います、仕事が終わった(*’▽’)と気が緩みがちですが、家に帰るまでが遠足という言葉があるよう、家に帰るまでは気を付けてください。

さて、crasの年内の営業は12月31日まで営業しております。

家具はもちろん、帰省時の手土産や新年の飾りなど雑貨も豊富にご用意しておりますのでご覧ください。

配送もまだまだ稼働中、今回のお届けはこちら。

新しいダイニングで新年を迎えるのはやっぱり良いですね!

この秋に入荷したばかりのダイニングシリーズ、ワンちゃん猫ちゃんの引っ掻きに強いファブリック(もちろん汚れにも)。

ベンチとチェアのカラーを変えてお選びいただきました。

我が家には小さな子供がいるのですがベンチはオススメです。

出入りはしやすいし、空間にも抑揚がでるし(´っ・ω・)っ

まぁ、お好みですが…

今回のお客様もお子様がいらっしゃり、「まだまだ食べ物、飲み物をこぼすのよ」っとあるある話で盛り上がりました。

家具を選ぶ際、見た目もさることながら、普段のこういった悩みなどもお気軽にスタッフまでご相談ください。

I様、どうぞ末永くご愛用くださいませm(_ _)m

良いお年を

s_IMG_2079 s_IMG_2081

メリークリスマス

2018.12.24 update | works

本日はchristmas eve

先程ピザの宅配スタッフがサンタの格好で通り過ぎていきました、お疲れ様ですm(_ _)m

今日はピザにチキンにケーキに、美味しものをたくさん食べてHAPPYな気分を♪

さて、世間が盛り上がっているなか、私共は変わらずお仕事お仕事(`・ω・´)ゞ

今回のお届け先のお客様もツリーを飾っており、クリスマスモードでした。

まずはお納めさせていただいた空間をご覧ください!

s_IMG_2051 s_IMG_2052

ウォールナットで統一した空間、TVボードにソファ、ダイニングと素材を揃えるととても綺麗ですね。

無垢の家具だから綺麗なツリーも映えます( *´艸`)

ソファのファブリックをツートンにしているあたりが、さり気ないオシャレポイントですね。※写真では分かりづらくすみません(ノД`)・゜・。

インテリアのポイントは「差し色」だと思っております。※個人の感想です

北欧の様に色とりどりの家具を上手にまとめている日本のご家庭は少ないイメージです。

どちらかと言うと全体を同じカラーでまとめると言う方のほうが多いかと。

なにが正解という事はなく、ご自身が好きなモノをセレクトされれば良いかと私は思います。

だって、自分が暮らす空間なんだから好きでもないモノを勧められるがまま揃えても気分が乗らないでしょう?

それでも良くご相談されるのが「どうやって家具を選んだら良いか分からない(/ω\)」というご質問。

その気持ち良く分かります!

そう言う方にまずオススメなのが先程申し上げた、「差し色」です。

全体のカラーバランスは抑え、ポイントポイントで色を足す、これでオシャレな空間が演出できます。

もっと詳しく知りたいと言う方はぜひ、当店で|ω・)

 

 

差し色がポイント!

2018.12.08 update | works

本日は本格的な「冬」の寒さを感じる一日でした。

年末はありがたいことに多くの配送スケジュールでうまっており、今朝も日が昇る前から起床し出勤(ノД`)・゜・。

寒さで体がなかなか起きないですが、お客様のお宅の前では気合です!

私もそうですが、新しい家具や家電が入るとワクワクでテンション上がりますよね(´艸`*)

だからこそ、その気持ちに添えるよう配送も丁寧に心掛けております。寒くても。

そして、綺麗にお部屋にお納めさせていただいた後は、私共も嬉しいですし、同じ家具でもお部屋の間取りやカラー、また家具の材種やファブリックのカラーで毎回異なるその風景が楽しい。

今回のお客様宅もお店に展示してる組み合わせでソファをお求めいただいたのですが、ファブリックのカラーを変え、店頭とは全く異なる白を基調とした清潔感のあるお部屋というだけで、こんなにも雰囲気が変わるのかと感心してしまいました。(また新たな引き出しが増えました、K様ありがとうござますm(__)m)

s_IMG_2028

ソファ選びに迷われている方、ぜひご参考にしてください。

白い壁、白いカーテンでベースを整え、ウォールナットのソファにファブリックも落ち着いた色味で統一、そこに小さなクッションを差し色にアクセント。

s_IMG_2031

ここで、ギャッベをナチュラルにするあたりが素敵ですね(。-`ω-)

どうぞ素敵な空間で、ご家族皆様と大切なお時間を。

s_IMG_2030