お手本は身近に

2019.02.02 update | works

明後日は立春。

少しづつ春の訪れを感じているのは私だけでしょうか。

先日も配送にでていて、日中の陽気に眠気を誘われうとうと。

ありがたいことに新春の初売りからたくさんのお客様にご利用いただき、四国中はもちろん先日は愛知県に納品へお伺いさせていただきました。

※愛知県、私は行っておりませんのでイメージ写真はございません。

ここの納品事例のコーナーも拝見してくださる方が多く、店頭で「見てきました」という声も徐々に増えてきた印象です。

本当にありがとうございます。

それでは本日も早速、納品事例まいりましょう。

今回のお客様は少しづつ、家具を買い替えながらご自身のお好みに素敵な空間を完成させている方です。

よくお客様から尋ねられるのが「どう組み合わせたら良いかイメージが出来ない」という声。

確かに家中の家具を全て一気にコーディネートしようと思うと、各空間にコンセプトを設け、カラーバランスやサイズ、素材の組み合わせなど考えるだけ頭がプチパニック(´・ω・`)

なので、まずココにこれを是非置きたいという、お家の顏になる家具を選びます。

そして、それをまず使ってみてから「じゃあ、ここにこんな家具があれば良いのに」と思いだしたらcrasへgo!

お部屋にある家具のサイズ感や空間の有効スペースも実際に住んでいると分かります。

そこで弊社スタッフにイメージを共有、コーディネートのポイントをお伝えさせていただけます。

今回のお客様は淡い色のファブリックを基調に、ウォールナットをはじめダークブラウンの家具で統一。

s_IMG_2175s_IMG_2179 s_IMG_2176

前回も書きましたが、クッションなど面積の小さなところで色を差す。

またグリーン(植物)を置くことでぐっとオシャレになっています。

参考になるコーディネートですね!

雑誌に載っているオシャレすぎる空間、見ていると憧れますが我が家もそうですが実際に生活するとなると、あぁはなかなかならない。

日本だと冬は炬燵を使用するご家庭も多いでしょうし、ソファで横になったりグダ~っとしたい!という方も多いはず!

そんな自分らしい生活の中で、無理せずどうこだわりのオシャレな空間を演出するか。

雑誌はあくまでイメージの参考、ぜひリアルなオシャレ空間をここ納品事例で参考にしてください。