リビングにチェアで寛ぐという考え方

2019.07.08 update | works

新たな空間のご提案。

今回のお客様は前々から腰が痛いという事で、ご自身に合った椅子をずっと探していらっしゃる方でした。

そのお話をお伺いし、私がオススメした3つのチェアの中から迷いに迷われ(何度もご来店いただきましたm(_ _)m)、選ばれたチェアがこちら!

s_IMG_2731

飛騨の家具で、とにかく座り心地を追求したシリーズ。

医学的知見と人間工学的知見を元に産官学共同でスタートし、「身体への優しさと美しさの融合」をテーマに開発。

そうなんですよ、座り心地を追求した椅子っていくつかあるのですが、デザインがやぼったかったり、なんだかなぁというものが多い中、こちらのチェアは見た目も美しい。

もちろん座り心地も謂わずもが(。-`ω-)

才色兼備的なチェアですね、はい。

今回のお客様も、デザイン&座り心地のバランスを重要視され、色々とご相談いただき、ご納得いく1脚をお求めいただきました。(最初は)

そうなのです、優しいお客様は奥様にもこのチェアをプレゼントしたいという事で、もう1脚追加でお求めいただきました。

同じデザインでもフレームの材を変えたり、ファブリックとレザーでもこのように表情がガラっと変わります。

お二人で仲良く、映画やドラマ、スポーツ観戦をこちらのチェアで楽しんでください。

リビングにソファのある暮らしから、チェアでの暮らしへのご提案でした。

main_SEOTO-EX-940x548